VAPEは手ににおいが移りにくい

飲食店で調理などを担当している人はたばこを吸いにくいと言われます。実際には裏手などで吸っている人はよく見かけます。それは職人の意識でしょう。食べ物の味をしっかりと伝えたいと考えるのであればたばこを吸うのはあまり良くありません。まず舌の感覚が鈍ります。そして手に臭いが付くことです。生物などを触るのであればタバコの臭いがその食材についてしまうことがあります。VAPEに関しては香りがついたりするのですがタバコほど強い香りが付くわけではありません。また煙を伴うものではないので不快感としてはつきにくくなります。これは好みになるのでそのにおいが嫌と感じる人もいるでしょう。その場合にはあまり評判は良くないかもしれません。でもタバコに比べるとかなりマシになるとされます。手に臭いを付けたくないのであればこちらのほうが良いかもしれません。

VAPEは服や部屋に臭いが残らない

たばこを吸う人は吸った直後であればそのにおいが付いています。子供の頃であれば大人の臭いのように感じることがありましたが、最近は喫煙できる場所が限られているため、また喫煙する人も少なくなっています。少し特殊な臭いにように感じることもあります。タバコの臭いに関しては好む人もいれば嫌う人もいます。喫煙所などはかなり臭いがしますからわざわざそういった所に行かない人もいます。VAPEに関してはタバコよりも臭いがつきにくいことがあります。香りを楽しむものですから全く臭いが出ない、つかないわけではありません。でもタバコとは全く性質の違うものです。それを吸っていたからといってたばこを吸っていたかのように感じられることはありません。部屋においても禁煙室とそうでない部屋とではかなり臭いが異なることがあります。吸っていても部屋にそれほど臭いがつきません。

VAPEは長く利用ができる

タバコに関しては一定時間しか楽しむことができません。もちろんどんどん新しいたばこを取り出して吸い続けることはできます。でもそれが面倒と感じることもあります。ロングタイプのものであれば通常よりも少し長く吸うことができるので利用する人もいるようです。吸っている途中で用事などができた時には途中で吸うのをやめなければいけません。そうするとロングタイプだともったいないこともあります。VAPEの場合であればタバコよりも長く利用することができるとされます。10分ぐらい休憩があるとき、タバコだと2本ぐらい吸うことになるでしょうが、こちらであれば特に何の動作もなく吸い続けることができます。同じ動作なので面倒なこともありません。吸い終わる時間をタバコに左右されず自分の気分で変えることができます。吸い続けることもあれば、自由に辞めることも可能です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*